オスグットシュラッタ―

膝のお皿の下が痛くなり、突出してしまう成長期にスポーツをしているお子さんによく発生するスポーツ障害です。

運動をしている小学生、中学生のお子さんに多いようです。

お皿の下にある成長期の軟骨は、運動して繰り返しその部位に付着している筋肉によって引っ張られます。

筋肉の力によって骨が剥がされそうになったり、骨が前に飛び出して痛みが発生してしまうのです。

安静にしていれば、痛みはなくなりますが、また運動を始めると痛みがぶり返します。

そのために、運動をあきらめてしまったり、痛みを我慢しながら運動をしているお子さんが多いようですね。

オスグッドは成長期の子供特有の症状ですが、同じように運動をしていてもオスグッドにならない子もいます。

このオスグットの原因は、太ももの前面の筋肉が過剰に緊張することから起きています。

ですからこの過剰な緊張を除いてあげれば、痛みはとれるのです。

ただし筋肉をマッサージしたりストレッチをするだけでは不十分です。

痛くならない人より過緊張してしまうのは、周りの筋肉もかたくなっているからです。

みうら整骨院では、周りの筋肉を全体的に丁寧にほぐしていきます。

どうぞ、ご遠慮なくご相談ください。

 

八千代市緑ヶ丘・西葛西・船橋日大前・柏の整骨院
みうら整骨院

みうら整骨院総合受付窓口