むち打ち症状

むち打ち体験

かくいう私もむち打ち症状になったことがあります。

車の乗っていて追突されたわけではなく、止まっているダンプカーに自転車で追突しました(笑)。

よそ見をしていて、こんなところに車が止まっているはずはないとの思い込みですね。

一気にガツンとぶつけました。

その時は何ということもなかったのですが、首が段々重くなっていき、頭がぼんやりするんです。

湿布をしたり、痛み止めを飲んだり一時しのぎにはなりましたが、さしたる効果もなく、揉んだり解したり首を回したり伸ばしたり、自力で治しましたよ。

こういう痛みが出た時はこちらに回してみたらどうだろう?この筋肉をほぐしてみよう。

この時の経験が施術に活かしています。

交通事故治療の病院や整骨院は、夜間・土日対応する八千代市八千代緑が丘イオン院、柏市モラージュ柏院、江戸川区西葛西イオン院、船橋市マミーマート船橋日大前院のみうら整骨院で活きています。

 

むちうち症状について

交通事故で一番症状が出やすいのは腰痛とむち打ちですね。

こんなに辛い思いをしているのに、検査を受けても異常がでないことが多いです。

しばらく痛みをあまり感じなかった方が交通事故から数日経って後遺症の症状が出てくる場合もありますよ。

ですから、交通事故に遭った方は、大したことではないと思っても、必ず病院に行き、最低でも2週間は、しっかりと体の様子を見ておきましょう。

ある日突然、交通事故に巻き込まれてお怪我をされて、その後、後遺症を発症。その後遺症の痛みに悩んでいる方は多いようです。

かなり昔の事故で現在も痛みやだるさ、しびれに耐えている方が大勢います。

これは、頭部が遠心力によって振られることで大きな力が加わり、首の骨である頸椎と頸椎の間の靱帯、椎間板、関節包といって関節全体を包む膜、および頸部に関わる筋肉、筋膜を損傷して起こります。

医学的には、【外傷性頸部症候群】、もしくは頸部捻挫、頸部挫傷と呼ぶほうが一般的です。

病院へ行った場合、疑わしい箇所のレントゲン写真を基に診断が下されますが、レントゲンは骨を写しますので、骨が折れていることはわかっても、筋肉の傷み、ゆがみを写すことはできません。

骨が折れていなければ、湿布と痛み止めを渡されて帰宅することが多いようですが、むちうちや腰の痛みといった背骨に関わる症状について、痛み止めや湿布だけに頼ると、症状が悪化するケースが多いようです。

痛み止めと湿布で改善の見込みがつかない場合はすぐに、むち打ちや腰痛の得意な、八千代市、柏市、西葛西、船橋市の夜間・土日対応の交通事故に強い、みうら整骨院へ通いましょう。

むちうち症は時間の経過で症状が強まる場合があります。頭痛や吐き気、めまい、耳鳴りだけではなく、指先や肩、ひじなどにシビレや違和感がでる場合もあるんです。

 

八千代市緑ヶ丘・西葛西・船橋日大前・柏の整骨院
みうら整骨院

みうら整骨院総合受付窓口