四十肩・五十肩でお悩みの方へ

最近多いんですよ。肩が上がらない、痛いとおっしゃる方。

医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれる四十肩・五十肩は呼ばれています。

  • 服を着る時に肩が痛くて上がらない
  • 高いところのものを取りたいのに、腕に痛みがあってできない
  • 寝返りをうつだけで腕に激痛が走るので、夜中に何度も目が覚める
  • 指先まで痛みが走って、しびれがある

などの症状が起きて、日常生活の中で困って治療に見える方が多いです。

急性期と慢性気

急性期と慢性気があります。

急性期は罹ってすぐ、慢性期は数週間以上痛みが続く場合です。

特に急性期では何もしなくても痛みがあるため非常に辛い状態です。

人によっては指先までのしびれを伴うこともあります。

急性期の急激な痛みは数日でおさまることがほとんどなのですが、このときに適切な処置をせずに放っておくと、痛みが長引くこともあるのご注意を。

慢性化する前に専門機関で診てもらってください。

慢性気に入ると、肩が動かしにくいと感じ、鈍い痛みになります。

急性に大切なのは、安静にすることです。

無理して動かすのは、症状の悪化を招きます。

炎症がひどいようでしたら、氷嚢などで冷やすのもいいでしょう。

1~2か月ほどで慢性気になり、それほど痛みは感じなくなるのですが、ここでも無理は避けましょう。

無理せずに動かせる範囲で構いませんので、ゆっくりと肩を回しましょう。

急性期の炎症が起きた後、筋肉は収縮し固くなります。

そのため動かせる範囲が狭くなることがあります。

しかし、無理はしないでください。痛みがぶり返すこともあるので、決して無理はせず、あまり見痛みが続くようなら早めに病院へ行きましょう。

まれなケースではありますが、四十肩だと思っていたら、レントゲンで骨折が分かったということもあります。

痛みが長引く、日常生活に支障がある場合は、早めの診療・治療をお勧めしますよ。

固まってしまうと治るまで大変です。

こんな症状ありませんか?

  • 肩こりがひどい
  • 頭痛がある
  • マッサージを受けても良くならない
  • 湿布薬が効かない
  • 肩が上がらない

一人で悩まず、みうら整骨院にご相談ください。

 

八千代市緑ヶ丘・西葛西・船橋日大前・柏の整骨院
みうら整骨院

みうら整骨院総合受付窓口