骨盤のゆがみについて

関節の痛み

年齢を重ねるとともに軟骨がすり減って痛みが発生します。

軟骨は、骨と骨との間にあり、クッションのような役割をしているので、すり減ってしまうと痛みが生じるんですね。
 

痛みの原因は?

関節が痛む・・・その原因はいろいろありますが、日本人で最も多いのは変形性関節症です。

運動・スポーツで靭帯や半月板などを傷めると痛みが出ます。

関節リウマチ、感染性関節炎、痛風などの病気でも痛みが出ますので、その症状はどこからくるものか、症状をよく観察することが大切です。
 

仙腸関節とは

仙骨と腸骨を結ぶ、骨と骨の継ぎ目の部分に仙腸関節があります。

この関節は、強力な仙腸靱帯という靭帯によって前後から結び付けられていて、大きな動きはしません。

しかし、とても重要な部分です。
 

仙腸関節のゆがみ

何らかの原因で、仙腸関節がずれると、骨盤全体がゆがんでしまいます。

上半身と下半身とを結ぶ大切な骨盤。

このゆがみは、徐々に全身のバランスへと影響します。

頭痛や肩こりなど体の様々な影響を及ぼします。

仙腸関節の痛みの特徴は、仙腸関節のあたりを中心とする腰からおしりにかけての痛みです。
 

腰痛発生

ここが動きが悪くなると、腰の後ろの筋肉などに負担がかかり、腰痛が起きます。

骨盤は上半身を支え、下半身を動かすので骨盤がゆがんだり、傾いたりすると、腰痛の原因にもなりうるのです。
 

ゆがみの影響

骨盤は、内側に内臓を納めています。

骨盤のゆがみがあると冷えやむくみもおこりやすくなります。

「気が付くと背中が丸まっている」
「ぎっくり腰を繰り返す」
「スポーツ好き、練習熱心」
「体の冷えに悩んでいる」
「天候が崩れると、体調が悪くなる」
 

ゆがみ対策

あなたはどれかあてはまりますか?

姿勢が悪いと骨盤も緩みやすくなります。

日頃から軽い運動をして、腰回りの筋肉を鍛えておくことも大切です。
 

八千代市緑ヶ丘の整骨院
みうら整骨院

みうら整骨院総合受付窓口